Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
ブクログ
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
セルフカバーベスト~夢のあとさき~
セルフカバーベスト~夢のあとさき~ (JUGEMレビュー »)
渡辺俊幸,東京フィルハーモニー交響楽団
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
IT'S FRIDAY
IT'S FRIDAY (JUGEMレビュー »)
角松敏生,北島健二,国分友里恵,TIME FIVE,松木恒秀,吉川忠英,青木智仁,佐藤博,斉藤ノブ,数原晋,向井滋春
Recommend
Free Drink
Free Drink (JUGEMレビュー »)
角松敏生,北島健二,高水健司,佐藤博,数原晋,国分友里恵
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
あなたと私の合言葉 さようなら、今日は

ストーリー

和子には渡辺半次郎という婚約者がいるが、

転勤で大阪にいるため結婚できずにいた。

そのうえ、和子の父は失業中で妹の通子も家事はまるでダメなので

亡き母の代わりに和子がしばらく家にいるしかなかった。

そんな時、大阪で義兄と小料理屋を営む親友・梅子が上京してきた。

和子は梅子に半次郎に会って結婚を断ってくれるよう頼む。

梅子は半次郎に会いに行ったが彼のことを好きになってしまう・・・。

 

<感想>

前半の、ブツ切れ棒読みのセリフと無表情とか、実験的な演出だったのかな?

ヌーヴェルバーグの映画によく無表情なシーンが出てくるから

あれを狙ったのかな?って思いました。

街の様子とかファッションがおしゃれ。

主人公が外車メーカーのカーデザイナーで妹がスチュワーデスっていうのも

キャリアウーマンのハシリだったんでしょうね。

 

出演=若尾文子、京マチ子、野添ひとみ、佐分利信、菅原謙二、川口浩、船越英二

posted by: みな | 映画(邦画) | 21:12 | - | - |-
嵐を呼ぶ男

ストーリー

音楽大学に通う英次は兄の正一を

ジャズバンドのプロモーターの美弥子に

ドラマーとして売り込む。

ある日、バンドのドラマーのチャーリー・桜田が

無断で休んだために美弥子は留置所に入っていた

正一の身元引受人になり彼をステージに出した。

チャーリーがそのまま他の事務所に移籍したため、

美弥子は正一を自宅に住まわせデビューさせる・・・。

 

<感想>

あのお母さんはひどすぎる。

息子を軽蔑してるみたいな態度で

出てくるたびにむかついた。

 

posted by: みな | 映画(邦画) | 12:01 | - | - |-
陽炎

ストーリー

女胴師のおりんは依頼で大阪の難波へ向かうが、

そこで熊本の実家の料亭を切り盛りしているはずの

義弟・市太郎と会った。

おりんが熊本へ戻ってみると料亭は岩船一家に乗っ取られ

博奕と芸者が徘徊する場になっていた。

そしてそこにはおりんの実父を殺した胴師・常次郎がいた・・・。

 

五社映画に出ると女優は女になるっていうけど、

この映画の樋口さんもすごくキレイ。

ダイナマイトを使ったアクションっていうのが

まだ映画にお金をかけることが出来た時代なのかな?って思いました。

「往生しなっせ!」が懐かしい。よくテレビで流れてましたね。

 

出演=樋口可南子、仲代達也、本木雅弘

 

posted by: みな | 映画(邦画) | 13:39 | - | - |-

ストーリー

記者の長子は汚職警官の記事を書いてクビになってしまう。

すると長子を訪ねてきた友人が、自分に懸賞金をかけて

一か月間失踪し、その期間の体験記を書いてはどうかと

提案。長子は早速企画を持ち込み、契約が決まる。

持ち合わせの金がない長子は友人のツテを頼って

銀行に資金を借りに行くと快く貸してくれた。

しかし、そこには支店長のある企みがあった・・・。

 

 

イタリア映画みたいなテンポのいいおしゃれな映画でした。

京マチ子の変装も楽しい。

 

出演=京マチ子、船越英二、山村聡

posted by: みな | 映画(邦画) | 19:05 | - | - |-
赤い月

ストーリー

陸軍中佐の大杉の勧めにより

満州で造り酒屋を開業した勇太郎と妻の波子。

大杉と波子の仲を勇太郎は嫉妬しながらも黙認していた。

そんなある日、長男の帰郷を祝う席で

波子は氷室と出会う。しかし、氷室とロシア人家庭教師・エレナが

愛し合っている事を知り波子はエレナを陥れて密告する。

その後、戦況は悪化し、ソ連軍が満州に侵攻。

波子は生きるために氷室に頼んで子供たちを連れて軍用列車に乗る・・・。

 

<感想>

なかにし礼さんの小説が原作。

なかにしさんも男前だからお母さんも

きれいな人だったんでしょうね。

何があってもどんな状況になろうと

生き抜くっていうエネルギーは波子さんの場合、母としてというより

女としてっていう部分が強かったように感じました。

この小説が出るまで満州の事は禁句というのが暗黙だったのか

あんなにたくさんの人が渡ったのにほとんど満州の事を

話す人がいなかったらしいですね。

話したくないくらい悲惨な状況だったんでしょうね。

 

出演=常盤貴子、伊勢谷友介、香川照之

 

 

 

 

 

 

 

posted by: みな | 映画(邦画) | 22:56 | - | - |-
遺産相続

ストーリー

マネキン人形を製造する工場の社長・藤島は

妻と離婚しないまま、内縁の妻と家庭を築いていた。

しかし、藤島が遺書を残さずに急死。

法律上、遺産は本妻と子供達で分配され、内縁の妻には

入らないと弁護士に言われ、内縁の妻は憤慨する。

一方、本妻はこの時のために離婚をせず、堪えて待ち続けていたのだった・・・。

 

野々村真が出てきた時は見るのやめようかと

思ったけど、佐久間良子と小川真由美見たさに

最後まで観ました。

野々村真のトレンディ部分は気にせずに

本妻対愛人のバトルを楽しんで観ました。

 

出演=佐久間良子、小川真由美、

 

 

 

 

posted by: みな | 映画(邦画) | 10:27 | - | - |-
銀座の恋の物語

ストーリー

銀座の街角で音楽家志望の友人と同居しながら

画家を目指す青年・次郎には

洋裁店で働く恋人・久子がいる。

画家になるために就職も蹴った次郎だったが、

久子のために就職し、結婚する事を決意。

二人は次郎の実家へ行くために駅で待ち合わせをするが、

いつまで待っても久子は現れず、行方知れずとなる・・・。

 

あの洋画を参考にしたんだろうなとは思うけど、

でも、この頃の映画はいい。

銀座の街は、おしゃれだし、ルリ子さんは可憐だし、

江利チエミさんの歌もいい。。

裕次郎さんが後に「あの頃の銀座は良かった、あの頃の映画は良かった。」と

言われていたというのを何かで見ましたが、本当に良かったんでしょうね。

 

出演=石原裕次郎、浅丘ルリ子、ジェリー藤尾、江利チエミ

 

 

 

posted by: みな | 映画(邦画) | 13:56 | - | - |-
夢二

ストーリー

夢二は金沢で駆け落ち相手の彦乃を待っていた。

しかし彦乃は現れない。

村に銃声が鳴り響く。鬼松という男が妻と間男を殺し

山へ逃げ込んだために山狩りをしているという。

湖では殺された男の妻の巴代が男の死体があがってくるのを

待っていた・・・。

 

鈴木清順監督なので独特な世界です。

映像も女優さんも怪しくて美しい。

 

出演=沢田研二、毬谷友子、原田芳雄、坂東玉三郎、

 

 

posted by: みな | 映画(邦画) | 10:50 | - | - |-
原子力戦争 

ストーリー

海岸で原子力発電所の技師の男と地元の漁業組合代表の妹・のぞみ

の心中とみられる死体が発見された。

そんな中、実家に帰ったまま戻らないのぞみを連れ戻すために

東京からのぞみのヒモの男・坂田がやってくる。

自分が居ながら男と心中だなんて信じられない坂田は

のぞみの死を追求していくうちに原発抗争に巻き込まれていく・・・。

 

田原総一朗氏の小説を映画化。

後の原発事故を予言したかのような作品でした。

お偉い方々はあんなふうに隠蔽するんだね。

それにしても、原田芳雄はカッコいい。

山口小夜子の棒読みがまた原発周辺の怪しさを

漂わせててよかったです。

 

出演=原田芳雄、山口小夜子、風吹ジュン

posted by: みな | 映画(邦画) | 12:27 | - | - |-
女優

ストーリー

島村抱月を盟主とする文芸協会では演劇の講義を開いていた。

その中に講義を熱心に聞く生徒・小林正子がいた。

正子は結婚に失敗し、自分の力で何かをつかもうと意欲的だった。

やがて正子は「人形の家」のヒロインに抜擢され、

芸名を松井須磨子に改めた・・・。

 

当時は、女性が離婚して仕事を持つというだけでも

けしからん世の中だったはず。

それが劇団の看板女優になったうえに

抱月とも恋仲になってるとなると

周囲の野郎どもは面白くないでしょうね。

男の妬みってのは女よりも陰湿。

抱月先生の「世間の人は他人の事をとやかく

小うるさく言って住みにくい社会にしている、、、」の部分は

今でもそうだなと思いました。

 

出演=山田五十鈴

 

 

 

 

posted by: みな | 映画(邦画) | 11:54 | - | - |-